医療脱毛をして快適に生活出来ます

MENU

医療脱毛をして快適に生活出来ます

私はIラインのみの脱毛をしました。横になって片足を広げて片方ずつレーザーを当てる脱毛施術でした。担当してくれたのは女性の方ですが、初めはレーザーを当てる際ギリギリまで当ててもらっていたので、見られる事が恥ずかしかったです。

 

回数を重ねていくと綺麗になっていく事の方が嬉しくて、恥ずかしさは多少感じるくらいにまで減りました。レーザー脱毛ですが、ちくっとした痛みがあると説明を受けていましたが、そんな可愛い表現とは裏腹に一瞬の激痛がありました。

 

Iラインという場所は神経がより敏感なところなのかもしれませんが、もう二度としたくないと思ってしまう程でした。ムダ毛をカットしてもらいレーザーを当てるのですが、普段自分で見ている毛だけでなく、もしかしたら生えているけど見えにくい産毛のような毛もあるのかと思える程の痛みが走りました。

 

思った以上に狭い範囲の中でちくっとした痛みが無数に広がったように感じました。痛みは毛を同時に全部思い切り引っ張られたような痛みで、その瞬間全身に汗をかいたような印象がありました。実際にも痛みで汗がにじんでいたかもしれません。

 

そして我慢できずに声も出てしまいました。それでも途中で辞めるわけにもいかずなんとか我慢して続けました。途中で施術範囲を狭くして神経の敏感なところはレーザーを当てることを辞めました。するとそれまでの痛みが半分以下になりました。やはり皮膚が薄かったり神経がより通っていたりするところは痛みもその分感じるということだと思います。

 

それに加えて何回か数を重ねていたので毛根が狭くなり毛も細くなるとその分痛みも減っていくそうです。このあたりから毛の量は減るし細くなるし、施術しても痛みが減り毎月通うのが楽しみになっていました。Iラインの脱毛をして、毛の量が減って日常生活でも変化が現れてきました。やはり通気性がよくなるので蒸れることがなくなりました。夏場は特に気持ち悪くなるのですが、それがなくなって快適になりました。

 

他にも生理の時が一番快適に過ごせるようになりました。血液がさらさらではないので、今まで毛にまとわりついて固まり痛くなったり、ただでさえ蒸れるのにさらに蒸れてしまいかぶれたりする事がほとんどだったのですが、その毛がないおかげですべての問題が解消されました。

 

毛が防波堤のようになり血液が横へと流れるのを防いでいた良い面もありましたが、それがなくなったとしても快適に過ごせる事の割合の方が多いので脱毛をして本当によかったと思っています。